ターコイズステークス 2019 過去の傾向【3つの鉄板データ】



「土曜日のターコイズステークスは、
重賞になってまだ4回しか行なわれて
いませんが、傾向のようなものはある
んでしょうか?どういう馬を狙えばい
いですか?




こういう疑問を調べてみます。


本記事の内容

①3つの鉄板データ

②鉄板データに該当する馬は…?


こんにちは!しんがりブーマーです。

先週の阪神JFは、本命のレシステンシアが1着で的中しました。





今週の朝日杯フューチュリティステークスも楽しみですが、その前に土曜日のターコイズステークスで資金アップを狙いたいです。

ターコイズステークス 2019 過去の傾向【3つの鉄板データ】


ターコイズステークスは重賞になってまだ4回しか開催されていないので…傾向らしいものがあるのか?ないのか?調べてみました。

結論を言うと「明確に傾向があります

3つの鉄板データ


その傾向とは…?勝ち馬すべてに該当する鉄板のデータです。

血統は「SS系×ロベルト系の配合」
②前走場所は「京都競馬場」
③生まれた月は「2月」

過去の勝ち馬…ミスパンテール(連覇)、マジックタイム、シングウィズジョイの延べ4頭、全馬が上記の3つを満たしています。

鉄板データと言っても、わずか過去4回のことで「たまたまの偶然だろ?」と思われる方も多いと思います。

なので一応、裏づけというか理由を調べてみます…

理由


①「SS系×ロベルト系の配合」
は、全般的にみても中山芝1600mに向いた配合で、過去4年、[キングマンボ系×SS系]に次ぐ2位の13勝をあげています。

【1600万(3勝)~G1の上級クラスだとさらに優秀です】

中山芝1600mでの成績
[6-  3-  4-  16/29]
勝率20.7%  連対率31.0%  複勝率44.8
単回値221 複回値126


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②前走が「京都競馬場」なのは、牝馬限定戦のG1・エリザベス女王杯と秋華賞からの参戦が多いためだと思われます。

京都秋開催にはマイルチャンピオンシップもあり、G1で戦うような強い牝馬が中4~9週くらいの好ローテで当レースに参戦してきます。

【前走が京都、かつ負けていても
1秒差までの馬】

ターコイズステークスでの成績
[4-  0-  1-  11/16]
勝率23.1%  連対率23.1%  複勝率31.3%
単回値301 複回値141


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後の③2月生まれが4勝している理由はおそらく…「たまたまの偶然」でしょう笑

仮に理由があっても、わたしにはわかりません。なので鉄板データの①②を重視して、③は参考程度にしておきます。

鉄板データに該当する馬は…?


今年の出走馬で鉄板データ3つを満たす馬はいません。2つ満たす馬は赤字にしています。

①「SS系×ロベルト系の配合」に該当するのは、エスポワール1頭のみ。

②前走が「京都競馬場」なのは、エスポワール、コントラチェック、シゲルピンクダイヤ、フロンテアクイーン

③2月生まれは、シゲルピンクダイヤ、ディメンシオン、トロワゼトワル、ハーレムライン


▼まとめると、おすすめはエスポワール次点でシゲルピンクダイヤ。

▼ちなみに、ディープインパクト産駒は過去4年で11頭が出走して、馬券になった馬は1頭もいません。人気馬も複数いました。今年の5頭はどうでしょう…。

▼ターコイズステークス、朝日FSの最終予想→こちらは1レース440円の有料なので興味のある方だけどうぞ。≫阪神JFは相手5頭で馬連と三連複が的中~今週は…


競馬本【先週も負けてしまった方へ→競馬で稼ぐためのおすすめ4冊】

12/04/2019


この記事はどうでしたか?
貴方の参考になりましたら

クリックいただけると嬉しいです♪