少頭数の宝塚記念の傾向

 

 

宝塚記念の予想オッズ

 

net競馬の予想オッズは…

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キセキ 3.3
2 レイデオロ 3.3
3 リスグラシュー 5.6
4 アルアイン 5.8
5 エタリオウ 5.9
6 スワーヴリチャード 8.3
7 マカヒキ 21.7
8 クリンチャー 34.2
9 スティッフェリオ 73.4
10 ノーブルマーズ 85.5
11 ショウナンバッハ 161.0
12 ソールインパクト 216.3
13 タツゴウゲキ 354.1

 

 

宝塚記念の出走頭数

 

宝塚記念は出走頭数が揃いにくいレースで過去フルゲート18頭で行われたのは2007年の一回のみ。今年も少なくなりそう。

 

過去10年、出走頭数15頭以下の少頭数だった年が4回、16頭以上だったのが6回。単純に傾向を言うと、15頭以下だと人気馬が馬券になりやすく回収率も良い16頭以上だと人気馬の馬券率が下がり、回収率も悪い

 

 

出走頭数が16頭以上の1~5番人気の成績 2009~2018年

 

出走頭数が16頭以上の年は5番人気以内の馬を買えば買うほどマイナスになる。6回あったうち、5番人気以内で勝った馬は2012年のオルフェーヴル1頭のみ。単勝回収率は10%で1万円賭けたら千円になって返ってくる計算

 

ただ今年は登録時点で13頭、ソールインパクトが回避するようで月曜時点で12頭立ての少頭数なので該当しない。

 

 

今年該当する出走頭数15頭以下の宝塚記念の場合…

出走頭数が15頭以下の1~5番人気の成績 2009~2018年

 

馬券になった12頭のうち5番人気以内の馬が10頭。例外は2014年の2着カレンミロティック(9番人気)と3着ヴィルシーナ(8番人気)の2頭。

 

出走頭数が15頭以下の宝塚記念では、1~5番人気の馬を全て購入しても単勝、複勝ともプラスになっている。ただし4回中2回は三連複が万馬券になっているし、馬連も3回は配当5千円を超えている。

 

 

今年の宝塚記念の傾向は…

 

まとめると、今年のように出走頭数が15頭以下の宝塚記念では

 

▼単勝や複勝は人気馬を買うのが美味しい

▼しかし、馬連や三連複は堅い配当とは言い切れない

 

上記の予想オッズで言えば、軸はキセキやレイデオロにして、相手には昨年馬券になったノーブルマーズや、宝塚記念が得意なステイゴールドのショウナンバッハなどの人気薄を入れてみる…

 

もしくは、リスグラシュー、アルアイン、エタリオウあたりの馬連ボックスを買ってみると意外に配当がついた…などの買い方がイメージに合うのでは。

 

 

 

オークス・ダービーで万馬券的中!宝塚記念の予想も↓↓↓

 

メルマガでもお得な情報を無料配信中!↓↓↓

 

 

 

この記事はどうでしたか?
貴方の参考になりましたら

クリックいただけると嬉しいです♪

≫人気ブログランキング