富士ステークス 2019 結果【道悪のときはこの血統】


10/19(土)、東京芝1600で行われたG3・富士ステークス
一番人気はアドマイヤマーズでしたが
さてレースの結果はどうなったのでしょう?



結果を見てみます。


本記事の内容

①富士ステークス 2019 結果
②予想の結果
③富士ステークスのまとめ


富士ステークス 2019 結果

富士ステークス 2019


「中団後方でレースを進めた2番人気16.ノームコアが、直線で外から各馬を差し切り、大外から追い上げた3番人気9.レイエンダに1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分33秒0(稍重)。さらにアタマ差の3着に4番人気2.レッドオルガが入った。なお、1番人気7.アドマイヤマーズは9着に終わった。」


富士ステークス払戻し 2019


予想の結果


本命はスミヨン騎乗のレイエンダでした。結果は3番人気、2着。馬券は馬連、三連複が的中。上がり最速で追い上げましたが届かず、三連単まであと少しで惜しかった…レジまぐで公開した予想


馬連2,720円


三連複7,610円


→不定期ですがメルマガでも美味しい予想を無料配信中!


富士ステークスのまとめ


特にまとめることもありませんが(笑)馬券が当たって良かったなぁと。勝ち分を菊花賞に使います。


予想のポイント

①独自の上がり指数が5位以内の馬
②道悪での適性


レースの特徴、馬場状態などから、主に上記をみてレイエンダを本命に選びました。

富士ステークスの過去10年で連対馬の7割、14頭が独自の上がり指数5位以内の馬でした。レイエンダは上がり指数1位。

そして本日、道悪の東京芝3R、5Rで父キングマンボ系の人気薄が2着。レイエンダの父もキングマンボ系、さらに2017年の不良馬場で行われた当レースの勝ち馬もキングマンボ系のエアスピネル。

明日は牡馬三冠、最後の一冠をきめる菊花賞。

皐月賞馬、ダービー馬不在のメンバーでややさびしいですがダービー馬不在の菊花賞の傾向などを考慮しつつ、皆さんに良い馬券が当たりますように!



この記事はどうでしたか?
貴方の参考になりましたら

クリックいただけると嬉しいです♪

≫人気ブログランキング