京王杯2歳ステークス 2019 予想【手がかりはこの3点】



「京王杯2歳ステークス、

ほとんどの出走馬がキャリア2、3戦ですが
なにを手がかりに予想すればいいのかな?」



こういう疑問を調べてみます。


本記事の内容


①京王杯2歳ステークス 2019 予想【手がかりはこの3点】

②京王杯2歳ステークス、今年の本命馬は…?


先週の天皇賞秋は本命選びで失敗しましたが、スワンステークスを的中しました。

今週はG1の谷間ですが、4つも重賞があるので、いくつ的中できるか楽しみです♪

→天皇賞秋の結果
→スワンS・アルテミスSの結果

京王杯2歳ステークス 2019 予想【手がかりはこの3点】

キャリアの少ない京王杯2歳ステークスで、なにを手がかりに予想すればいいのか調べてみました。対象期間は過去10年です。

はじめに結論を言うと、次の3点を手がかりに予想すれば的中率や回収率が上がります。


①前走クラス
②前走脚質
③関西馬

キャリアが少なくても、オーソドックスに予想するのがベターということですね…

簡単に説明すると…

①的中率、回収率ともに前走が重賞だった馬が一番優秀です。前走クラスの成績は [重賞>OP特別・新馬>500万・未勝利]の順番になっています。


前走で先行していた馬が抜けて良い成績です。前走脚質の成績は[先行>他の脚質]で馬券になった30頭中19頭が前走で先行しています。(先行=前走4コーナー2~5番手)


関西馬(栗東所属馬)が強いです。関東馬(美浦所属馬)に比べて、的中率、回収率ともにざっくり3倍の差があります。


京王杯2歳ステークス、今年の本命馬は…?

上記①~③を全て満たす馬の成績は

[4-  1-  3-  4/12] 
勝率33.3%  連対率41.7%  複勝率66.7%
単回値247  複回値180

単複ともに回収率200%前後で今年も期待がもてそうです。今年のメンバーでこの条件を満たすのは…



小倉2歳ステークスを勝ってきた国分優騎乗の2.マイネルグリット


マイネルグリットの単勝がお得そうです
2歳戦で回収率をアップする方法→JRAプレミアム 9月7日~12月15日まで2歳戦の単勝が払い戻し5%アップです→詳しくはJRAのホームページ

→アルゼンチン共和国杯 2019 競馬予想【目黒記念はリンクするのか?】



この記事はどうでしたか?
貴方の参考になりましたら

クリックいただけると嬉しいです♪

≫人気ブログランキング