天皇賞秋 2019 穴馬【2強以上に買える馬とは?】


アーモンドアイ、サートゥルナーリアが
強いのはわかったけど、その2頭だけでは儲からないよね…。
2頭に割って入れる馬、2頭以外で本命にできる馬っていないのかな?



こういう疑問を調べてみます。


本記事の内容


①天皇賞秋 2019 穴馬【2強以上に買える馬とは?】

②2014年のスピルバーグ

③天皇賞秋、今年の本命馬は…?


過去の天皇賞秋を調べていると、当時撮った2014年の新聞画像がでてきました。優勝したスピルバーグ(5人気、1着)が本命でした。

馬券の画像はないので信頼性にかけますが…スピルバーグの単・複4,000円ずつと馬連、三連複などを買っていたと記憶しています。

このスピルバーグのように天皇賞秋で買うべき馬のタイプはイメージできているので、本記事ではそのイメージをデータなどを使って再確認していきます。

2014年 第150回天皇賞秋


天皇賞秋 2019 穴馬【2強以上に買える馬とは?】


ではどんなタイプの馬が天皇賞秋では走るのか?私のイメージは…

▼下記をあわせ持つ馬
①東京巧者
②切れる脚をもつ馬
③若い馬、できれば当レース初出走


具体的にいうと
「5歳以下の馬で、天皇賞秋までに、東京芝コースの1600万(3勝)以上のクラスで2回以上連対したことがある馬」(→過去10年の勝ち馬で該当しないのは2017年のキタサンブラック、2009年のカンパニーのみ)

「上記の馬が天皇賞秋で上がり1位か2位の脚を使うと、過去10年で12頭が該当し12頭全馬が馬券になっている。複勝率100%」

2強以外で勝負になるとすれば、こういう実績の馬だと思います。

あと余談ですが…

2度目3度目で天皇賞秋に出走する馬の大半は、「初出走>2度目3度目」と前年や一昨年よりも着順を落としてしまう傾向があります。

2014年のスピルバーグ


冒頭に書いたスピルバーグも、2014年の初出走時には上記条件をすべて満たしていました

5歳で初出走、無類の東京巧者で東京芝[ 5, 1, 2, 1]、うち1600万1勝、OP特別2勝。重賞でも3着2回あり。レース本番では上がり最速の脚で差し切り勝ち。


少し難しいのは、ではどの馬がレース本番で上がり上位の脚を使えるのか?という点。ちなみにスピルバーグは前走の毎日王冠で上がり2位の脚を使っていました。

これに倣うと、「5歳以下+東京芝コースの1600万(3勝)以上のクラスで2回以上連対」を満たす馬で、かつ前走上がり2位以内の馬の成績は…

[5-  3-  0-  7/15] 
勝率33.3%  連対率53.3%  複勝率53.3%
単回値244  複回値136


単・複ともに大幅プラス。これなら2強と同じくらいかそれ以上に買える成績だと思います。

天皇賞秋、今年の本命馬は…?


では今年のメンバーで上記の条件に該当する馬は…

アーモンドアイ(笑)


まだ、もう1頭います。

スワーヴリチャード!


人気でもアーモンドアイ、そして前年出走して10着に負けているのは気になりますが、条件を満たすスワ-ヴリチャードの2頭が木曜時点での本命候補です。

「前走上がり2位以内」以外は条件に合うアエロリット、ワグネリアンにも注目。

こちらの記事も参考にしていただけたら嬉しいです→天皇賞秋は2強で本当に堅いのか?

→スワンステークスの予想記事です

→天皇賞秋のレース結果です


この記事はどうでしたか?
貴方の参考になりましたら

クリックいただけると嬉しいです♪

≫人気ブログランキング